稲刈り作業

毎週、フィールドワークが続く呉ゼミですが、今日は稲刈りです。
なんと、呉ゼミ 呉ゼミフレンズ、1から4年生の計16名が、賑やかに作業をしてくれました!
不意の雨では、近くのクロマツ林で雨宿り。森の恵みも体験です。
草々・生きものと共に、無農薬、無肥料の自然農です。
来週は、いよいよ脱穀・調整に進みます(*^_^*)
IMG_8799IMG_20181019_053520-4IMG_8790IMG_20181019_042814-2IMG_20181019_035452-2IMG_20181019_035348IMG_20181019_035313-2IMG_20181019_035437IMG_20181019_042133-3

平成30年度日本海岸林学会石垣大会で、庄内海岸林について報告します!

 平成30年度日本海岸林学会石垣大会で、庄内海岸林について報告します!

 来る1118日(土)開催の海岸林学会・石垣大会(会場は、沖縄県八重山合同庁舎)の打ち合わせのために、コーディネーターでいらっしゃる専修大学の岡田穣先生が、わざわざ庄内に来てくださいました。
http://jscf.jp/annual_conference/H30/taikai_h30.html

 今回は、ミスター海岸林こと梅津勘一さんと私、呉尚浩がシンポジウムのパネリストを務めさせていただきます。シンポジウムのタイトルは「海岸林保全管理における共同管理体制の構築に向けて地域・NPO・企業(仮題)」で、佐賀県の虹の松原で活動されている皆さんとご一緒させていただく予定です。

 また、山形大学の菊池俊一先生が、現在改訂を進めている庄内海岸松原再生計画についてポスター報告をされます。

 ところで、森の写真は1013日(土)に鳥海山・飛島ジオパークガイドの会の皆さんとクロマツの会の皆さんで作業をしていただいたボランティアオーナー制度の区画です。本当にありがとうございました!

 来年5月には、ぜひ、ジオガイドの皆さん、山大・公益大の学生をはじめ多くの方々との共創活動を企画しています。
 乞うご期待!
IMG_8655IMG_8667IMG_8672IMG_8675

その3 SCOP「海ごみ問題解決のために学生ができること」開催

 学生が企画して、27人の山形、全国からの学生が参加する「SCOPStudent Carry Out Project)」ですが、荘内日報の記事になりました。どうぞご覧下さい。
 http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi…

 ところで、いよいよお待ちかねのSCOP大賞発表です!
 ということですが、今年は、全グループにSCOP大賞が贈られることになりました。
 各グループからの提案をもとに、これから来年度へ向けての「学生のできるコト」の実現に向けて、合わせ技でプランを練ります。

 各グループのテーマは下記の通り。
「はだしで歩ける海岸をつくる」内陸の中学校を対象とした体験ツアー開催
Your Answer ? Trash Box づくり」Question 方式のごみ箱を設置
「親子の海ごみ教室開催!」
「ごみ拾いを日常に」ゴミ拾い+観光キャンペーン
「人の心に火をつけろ」大学の授業としてゴミ問題を考えるサミットを開催
 今回の参加者の所属する大学は以下の通りでした(五十音順)

◯山形
・東北芸術工科大学
・東北公益文科大学
・山形大学

◯関東
・神奈川大学
・高崎経済大学
・東京家政大学
・東洋大学
・日本大学
・フェリス女学院大学

そして、スタッフの3人には、参加者のみんなから思いがけないプレゼントが♡♡♡
参加者のみなさん、スタッフのみなさんお疲れ様でした!

また、近々お会いいたしましょう。

☆本事業は、本年度の「やまがた社会貢献基金」の日産プリンス山形販売(山形市、小関眞一社長)による「子どもから大人まで環境にやさしい社会づくり支援事業」の助成を受けています。ご支援ありがとうございました!

IMG_20181014_131054IMG_20181014_132639-2IMG_20181014_133545-2IMG_20181014_134349IMG_20181014_135409IMG_20181014_144956-2IMG_20181014_145649

その2 SCOP「海ごみ問題解決のために学生ができること」開催

その2 遊佐セミナーハウスからの夕景です(*^_^*) 飛島が見えます!
いよいよ、バーベキュータイムです♡
IMG_20181013_110258
IMG_20181013_092226IMG_8621IMG_20181013_110256IMG_20181013_105648IMG_8626IMG_8629IMG_8632IMG_8634

その1 SCOP「海ごみ問題解決のために学生ができること」開催

 東北公益文科大学の学生が企画して、27人の山形、全国からの学生が参加する「SCOPStudent Carry Out Project)」の第一日目がはじまりました。
 山形県遊佐町の釜磯海岸で2時間の海岸清掃活動(特にマイクロプラスティック清掃)を行った後、釜磯の浜に湧き出る湧水を楽しみながらの昼食。
 午後からは、遊佐の公益大セミナーハウスを会場に、金子博(NPOパートナーシップオフィス理事)さんによる世界的な視野からの海ごみ問題に関する講義、そして「海ごみ問題解決のために学生ができること」のワークショップ開催中です。IMG_20181013_050952IMG_20181013_025359IMG_20181013_034717IMG_20181013_055830IMG_20181013_041110IMG_20181013_060735IMG_20181013_032934IMG_20181013_041405IMG_20181013_044327IMG_20181013_054321IMG_20181013_060344IMG_20181013_060422IMG_20181013_060941IMG_20181013_063653IMG_20181013_064750
IMG_20181013_060855IMG_20181013_061736IMG_20181013_061801
IMG_20181013_091935IMG_20181013_095002IMG_20181013_105452-2IMG_20181013_081816IMG_20181013_105542

SCOP「海ごみ問題解決のために学生ができること」開催

 明日から、東北公益文科大学の学生が企画する「SCOPStudent Carry Out Project)」の第一弾がはじまります!(美しいやまがたの海プラットフォーム10周年記念事業、NPO法人パートナーシップオフィス共催)
 今年度は、釜磯海岸で海岸清掃に取り組みながら、遊佐の公益大セミナーハウスを利用して、学生がいま「海ごみ問題解決のために学生ができること」をワークショップ形式で考えます!
 山形大、東北芸術工科大、そしてIVUSANPO法人国際ボランティア学生協会)の関東から学生のみなさんも参加しますよ。
 みなさん、応援してくださいね(*^_^*)

IMG_859315364748894511536474892646

共創カフェ【ジオパークでつながろう!『地域づくり』の環・2018 】開催報告

 本日、公益大で、日本ジオパークの認定1年半を迎えた鳥海山・飛島ジオパーク、特に飛島エリアのジオパークに関する共創カフェを開催しました。

 まず基調報告として、鳥海山・飛島ジオパーク推進協議会の主任研究員の岸本誠司さんから、「人
人、人自然、地域地域」の新しいつながりとしてのジオパーク活動について、飛島エリアの現状についてご報告いただきました。

 続いて、飛島ジオガイドの渡部進さんからは飛島のジオガイドの今年度の活動について、五十嵐和一さんからはより詳しい実際のガイドの様子や特に避難路が整備されていない西海岸など防災の視点からの提言をいただきました。合同会社の小川ひかりさんからは「巨木の森」や「トビシマカンゾウ」などとびしまコンシェルジュの視点からのとびしまの魅力について語っていただきました。酒田市観光振興課の小林和也さんからは、「トビシマカンゾウの復活「刺し子体験」など、現在進められている住民参加によるジオパーク活動の推進(飛島地域資源再発見事業)についてお話しいただきました。


 全体として、飛島でのジオパークの推進が、

1)今まで弱かったジオの視点に焦点をあてた飛島の新たな魅力を引き出すとともに、従来からの「とびしまの魅力」を再編成していくきっかけとなるものであること。
2)従来から提案されていて、なかなか実現できなかったことが、実現へ向けて進むきっかけとなっていること(観光・防災複合施設の建設、トビシマカンゾウの保全作業の推進とルールづくりなど)。
3)ジオガイドが、島の自然保全や防災面での見張り人の役目、草刈りなど維持管理の協働作業、研究&発信の面で、新たな島づくりの担い手となっていること。
4)ジオによって生まれた新たなとびしまファンとの共創活動の輪を広げることが重要であること。
5)島民にさらにジオについて理解をもってもらう必要があること
などが語られました。

 21名の方の参加があり、ジオパーク活動を通じて、飛島に新たな風が吹いていることを如実に感じることができるとてもすばらしい機会となりました。ご参加の皆様、心から感謝申し上げます!

--------------------

【ジオパークでつながろう!『地域づくり』の環・2018 ~ ジオパーク認定1年半をふりかえって ~
・日時:2018326() 18:00~19:30
・会場:東北公益文科大学 酒田キャンパス 地域共創センタースペース(事務局前)

◯基調報告
「ジオパークの現状と課題~飛島エリアを中心に」
 岸本誠司氏 鳥海山・飛島ジオパーク推進協議会 主任研究員

◯パネリスト

 渡部進氏 鳥海山・飛島ジオパーク認定ガイド
 五十嵐和一氏 鳥海山・飛島ジオパーク認定ガイド
 小川ひかり氏 合同会社とびしま
 小林和也氏 酒田市観光振興課

◯コーディネーター

 呉尚浩氏 東北公益文科大学 教授

◯主催
:東北公益文科大学 地域共創センター

◯共催
:東北公益文科大学 とびしま未来研究所 東北公益文科大学 観光・まちづくりコース

◯後援
:酒田市 鳥海山・飛島ジオパーク推進協議会 とびしま未来協議会

IMG_20180326_180836IMG_20180326_182816IMG_20180326_184832IMG_20180326_191224-2IMG_20180326_192235IMG_20180326_180230IMG_20180326_183536IMG_20180326_184639IMG_20180326_185108IMG_20180326_190634IMG_20180326_192345

共創カフェ【ジオパークでつながろう!『地域づくり』の環・2018 】開催のお知らせ

2018326() に、飛島エリアのジオパークに関する共創カフェ(東北公益文科大学)を開催いたします。
ご関心の方は、ぜひぜひ、お立ち寄りいただければ幸いです。

【ジオパークでつながろう
!『地域づくり』の環・2018 ~ ジオパーク認定1年半をふりかえって ~

・日時
:2018326() 18:00~19:30

・会場:東北公益文科大学 酒田キャンパス 地域共創センタースペース(事務局前)

◯基調報告
「ジオパークの現状と課題~飛島エリアを中心に」
 岸本誠司氏 鳥海山・飛島ジオパーク推進協議会 主任研究員

◯パネリスト

 渡部進氏 鳥海山・飛島ジオパーク認定ガイド
 五十嵐和一氏 鳥海山・飛島ジオパーク認定ガイド
 小川ひかり氏 合同会社とびしま
 小林和也氏 酒田市観光振興課

◯コーディネーター

 呉尚浩氏 東北公益文科大学 教授

対象:どなたでも  申込み:不要  参加費:無料

・お問い合わせ・会場
(東北公益文科大学・地域共創センター)
998-8580 山形県酒田市飯森山三丁目5番地の1 0234-41-1115

◯主催
:東北公益文科大学 地域共創センター

◯共催
:東北公益文科大学 とびしま未来研究所 東北公益文科大学 観光・まちづくりコース

◯後援
:酒田市 鳥海山・飛島ジオパーク推進協議会 とびしま未来協議会

 山形県酒田市・遊佐町・秋田県にかほ市・
由利本荘市の4つの自治体と地域住民が連携して推進し ている「鳥海山・飛島ジオパーク」は、20169月に正式に日本ジオパークの認定を受け、いよい よ本格的な展開に向けて進んでいます。
 昨年20173月開催の共創カフェ「ジオパークでつながろう!『地域づくり』の環~住民参加に よる鳥海山・飛島ジオパーク推進をめざして~」の第二弾として、今年度は、特に飛島地区における ジオパーク推進事業の一年を振りかえり、ジオガイド活動の現状と課題、今後の展望と可能性、およ び住民参加によるジオパーク推進と地域づくりについて、島民・ガイド・NPO・行政・大学関係者 等による共創カフェ形式での報告・プレゼン・意見交換会を実施します。
 どなたでもご参加いただけ ますので、皆様のご来場をお待ちしております。
おいしいお飲み物を用意してお待ちしております!

共創カフェチラシ飛島180326IMG_20170317_173151IMG_20170317_180940IMG_20170317_181555

東北公益文科大学・卒業式が開催されました

今日は、東北公益文科大学の卒業式です。
今年は、ゼミ生の大沼由依さんが、卒業生総代で学位を受け取り、感動でした。
保護者の方、卒業生もかけつけてくださり、感謝感謝です。
恒例の新3年生、新4年生、卒業生との3世代?でのケーキを食べながらの「卒業生を送る会」もとてもよい会になりました。
今年も卒業生からチェックの柄のシャツのプレゼント。なぜか昔からよく服を頂きます・笑。
新たな社会人生活に、神さまの大いなる祝福がありますようお祈りしています!
IMG_20180324_101216IMG_20180324_114920-2
IMG_20180324_105346IMG_20180324_115938
IMG_20180324_125321-2IMG_20180324_130622-2
IMG_20180324_130958IMG_20180324_114657IMG_20180324_123106

呉尚浩研究室・2017年度卒業論文発表会の開催報告

 無事、卒業論文報告会終了です!会場は恒例のさかた街なかキャンパス。
 今日の発表は、緑のふるさと協力隊で群馬県上野村に派遣されていた高橋颯稀さんの活動報告「緑のふるさと協力隊群馬県上野村で過ごした一年の報告」、大沼由依さんが自らの故郷の地域づくりを研究した「山形県鶴岡市長沼地区の地域づくりの現状と課題小学校の閉校を地域づくりのスタートにするためにー」、佐藤奎介君の「大胸筋の効果的なトレーニング方法安全に大胸筋を肥大させるには」の3人の報告です(残念ながら、菅野拓海君と三浦飛翔君は、4月からの就職の都合で資料のみの報告)。
 みんな輝いています!

 カブトエビ研究の五十嵐敬司先生、飛島ジオガイドの五十嵐和一先生、とびしま未来協議会事務局の間宮加代さんに、お出でいただきました。一人ひとり、丁寧なコメントをいただき心から感謝申し上げます!
 終了後は、ジェラートモアレで、卒業生と新入ゼミ員の歓送迎会です。
 みなさま、ありがとうございました♡

IMG_20180322_200253IMG_20180322_203247
IMG_20180322_182738IMG_20180322_191444-2IMG_20180322_192628IMG_20180322_182557IMG_20180322_185455
IMG_20180322_210645

呉尚浩研究室・2017年度卒業論文発表会のお知らせ

 今年も以下のとおり卒論報告会を開催いたします。  ご関心の方は、ぜひともお立ち寄りいただければ幸いです。

【呉尚浩ゼミ卒業論文報告会】
日時:2018322日(木)1800から194517:30開場)
場所:さかた街なかキャンパス
2F
998-0044 山形県酒田市中町1丁目8 0234-23-1911
案内図などはこちら
http://www.sakata-cci.or.jp/tmo/machinaka/

<プログラム>
18:0018:05 ごあいさつ(呉尚浩)
18:0519:45 報告(発表一人15分、質疑応答5分)

<活動報告>
・高橋颯稀 緑のふるさと協力隊での一年を終えて群馬県上野村からの報告

<論文報告>
・大沼由依 山形県鶴岡市長沼地区の地域づくりの現状と課題―小学校の閉校を地域づくりのスタートにするためにー
・佐藤奎介 大胸筋の効果的なトレーニング方法―安全に大胸筋を肥大させるには―
・菅野拓海 東日本大震災後の防災のあり方を考える飛島における地区防災計画づくりのために
・三浦飛翔 自然保育の現状と課題―自然保育の実践事例をもとに―

☆報告者は予定です。報告者順番の入れ替え、資料のみの報告などになる場合がありますので、ご了承いただければ幸いです。


IMG_20180111_155720-3IMG_20171123_144122-2

「トビシマカンゾウの活用と保全に関する意見交換会」レポート(2018年1月17日、3月20日)

 今年度に入ってから2回開催されたとびしま未来協議会主催の「トビシマカンゾウの活用と保全に関する意見交換会」のレポートです。
 現在、住民参加のジオパーク活動の一環として推進しようとしている「トビシマカンゾウ復活作戦」ですが、酒田市が中心となっている活動の他にも、従来から島民や有志のさまざまな活動があり、また保全についても稀少種など生態系保全などの観点からも、島民、ガイド、NPO、県、市、専門家の間で、しっかり活用のビジョンと保全の方針を決めて行こうということになりました。
 特に、自生種と園芸種の交雑と、島内での園芸種の拡散を防ぐことの大切さ、ゾーニングの必要性、どのような風景を再生・共創するのかが話し合われています。これだけ多くの関係者が、トビシマカンゾウをテーマに話し合うことができるテーブルができたことは画期的なことであり、将来的には、自然環境保全全般について議論を深めていきたいと思っています(写真の中央の表彰状は、昨年11月に表彰された「地方自治体法施行70周年記念・総務大臣表彰受賞」の表彰状と盾)。  今後ともみなさまのお知恵とご協力をいただければ幸いです。
IMG_20180117_201537IMG_20180117_185232

IMG_20180117_193608
180328-0001

こちらがトビシマカンゾウです!日本の渚百選の荒崎を望む風景です
PT160807OC飛島.001

上野村ゼミ合宿レポート

 とびしま未来協議会のアイランダー出展、地方自治体法施行70周年記念表彰イベントで、東京から帰ってきたのも束の間、群馬県上野村にゼミ合宿です。1年休学して、緑のふるさと協力隊で隊員として励んでいる高橋颯稀さんの活躍ぶりを拝見しに、上野村を訪ねました。
 1123日(木・祝)は颯稀さんが新製品開発に携わっているJA上野村の加工場を見学させてもらいました(写真はご案内いただいたIターン組の内田伸一さん、粟野創さん、狩野悟さん。なんと村民の2割はIターンの方だそうです)。
 お米のとれない上野村に、信州から一日十石の米を運んだことから名付けられた年に一度の「白井の十石市」に参加。上野村の文化財調査委員の今井興雄さんからは、隠れキリシタンの里(なんと全
35戸が、5180年にわたって、そうだったという!)として知られる白井集落を案内してもらいました。
 黒澤八郎町長、協力隊出身の鈴木俊史議員にもお会いでき、豊かな上野村の学びとなりました。
 午後からは、颯稀さんの住んでいる集落を訪ね、まほーばの森、スカイブリッジとまったりとした時間を過ごしました。
まほーばの森の呉ゼミな昼下がりの午後です。
 
IMG_20171122_212128
久々の颯稀さんとの再会!
呉ゼミは、みんな一緒にいるだけで楽しいですね


IMG_20171122_193038
宿のヴィラせせらぎもなかなか良いです!

IMG_20171122_193632
上野村名物、猪豚の鍋

IMG_20171122_201709
颯稀さんが関わっているメチャうまい"上野村くりーむ大福"

IMG_20171123_104742IMG_20171123_112753-2
JA上野村の加工場

IMG_20171123_114909
黒澤八郎上野村村長さんと

IMG_20171123_120119IMG_20171123_124444
写真左はお米を運んでくださった佐久穂の方。
写真右は協力隊出身の鈴木俊史議員

IMG_20171123_121629
白井のお休み処

IMG_20171123_125404
白井集落の風景です。

IMG_20171123_131801
これが十石市の主役。佐久穂のはぜかけ米

IMG_20171123_132206-2
隠れキリシタンの里を案内してくださった上野村の文化財調査委員の今井興雄さん。

IMG_20171123_132756
十石市の皆さん

IMG_20171123_135236
乙父集落

以下は、
まほーばの森の呉ゼミな昼下がりの午後です。
IMG_20171123_142923
IMG_20171123_143041IMG_20171123_143115IMG_20171123_143219IMG_20171123_143932IMG_20171123_144028IMG_20171123_144033-2IMG_20171123_144041-2IMG_20171123_144122-2IMG_20171123_144346-3IMG_20171123_144431

IMG_20171123_145610
上野スカイブリッジ

IMG_20171123_152837
おいしい猪豚ドッグ!

IMG_20171123_160439

呉尚浩研究室・2015年度卒業論文発表会のお知らせ

IMG_20160215_125727
<呉尚浩研究室・2015年度卒業論文発表会>

今年度も下記の通り、2015年度呉尚浩ゼミ卒業論文報告会を開催します。
報告者は3人で、約1時間ほどのプログラムですので、ご都合のつく方はぜひともお立ち寄りいただければ幸いです。

日時:3月17日(木)17:30〜18:40 卒業論文報告会
場所:さかた街なかキャンパス 酒田市中町1-8-5 / 0234(23)1911
http://www.sakata-cci.or.jp/tmo/machinaka/

報告プログラム(報告15分、質疑応答5分)
・17:30〜17:35 ごあいさつ(呉尚浩)
・17:35〜17:55 高橋良平「雇用創出から考える離島地域の移住・定住促進―持続可能な定住環境づくりを目指して―」
・17:55〜18:15 鈴木尚之「ニホンウナギの資源回復をめざして-食卓から消えゆくウナギの将来を考える-」
・18:15〜18:35 玉舘岬「アニメツーリズムから考える新たな観光のあり方― 岩手県軽米町と『ハイキュー!!』―」
・18:35〜18:40 まとめ

アイランダー2015に出店します

今年も、池袋サンシャインシティ文化会館にて開催の全国の島々の祭典である「アイランダー2015」に、今年も飛島が出展(とびしま未来協議会)します。東北公益文科大学の教員1名、学生5名の参加です。飛島コミュニティ振興会1名、飛島中同窓会1名、NPO1名、合同会社4名、山形県1名、酒田市1名の計15名です。
ぜひともお立ち寄りください!
i-lander2015_new
詳細情報はこちら

第6次山形県教育振興計画シンポジウムにおいて本学学生が発表します

第6次山形県教育振興計画の策定にあたり、呉も「社会教育・スポーツ部会」の部会長として検討委員を務めさせていただきましたが、このたび呉尚浩ゼミから齊藤春菜、高萩遥の2名が、シンポジウムにて「しまを元気にする ~移り住む若者と学生達の試み~」と題して報告させていただくことになりました。
ご関心の方は、ぜひともご参加いただければ幸いです。

第6次山形県教育振興計画シンポジウム「教育と地方創生から6教振の果たすべき役割とその期待」

日時:10月25日(日)9:4512:00
場所:山形県生涯学習センター 遊学館ホール

press_file02_ページ_1
PDFダウンロードはこちら

公益大・地(知)の拠点整備事業「課題解決アクションプロジェクト(観光・防災)報告会」のお知らせ

今年度、防災や観光地域づくりに取り組む、酒田市飛島、酒田市八幡日向地区、鶴岡市加茂地区の方、大学教職員、学生、行政、NPOの関係者が参加し、報告・交流します。どなたも参加自由ですので、ご興味のある方は、ぜひともご参加下さい。

【平成26年度 東北公益文科大学・地(知)の拠点整備事業報告会】

課題解決アクションプロジェクト(観光・防災)報告

日時:平成27年3月16日(月)9:30受付開始
場所:東北公益文科大学 公益研修センター2階中研修室2
10:00~ 課題解決アクションプロジェクト報告【観光】
<飛島> 担当教員:呉尚浩・伊藤眞知子・中原浩子・岸本誠司
・「飛島ツーリズムの可能性〜30分の体験から定住まで〜」
  合同会社とびしま デザイナー 松本友哉氏
・「とびしま魅力発見〜学生制作映像報告」
  公益大生:公益社会演習メンバー
・「日本海からみた庄内〜人と人がつなぐ新しい観光
〜当たり前の中にこそ光あり」
公益大生:加藤優希・高萩遥・齊藤春菜
・質疑応答
<加茂> 担当教員:渡辺暁雄
・「加茂まちづくりプロジェクトの概要」渡辺暁雄准教授
・「住民主体のまちづくり意識の醸成 − 加茂地区・交流人口促進のための
『仕掛け』 づくりを通じて −」修士課程1年 斉藤友香
・「加茂地区における今後の活動の展開」加茂地区自治振興会:伊藤薫氏
・質疑応答

12:00~「地域課題共有検討会(兼交流会)」
     【東北公益文科大学公益研修センター1階ホワイエ】
     進行:庄内オフィス長:鎌田剛准教授
     *参加費大人1,000円、学生500円を自己負担とさせていただきます。

13:00~ 課題解決アクションプロジェクト報告【防災】
<日向> 担当教員:小関久恵・澤邉みさ子・呉尚浩
・「地域支え合い防災マップづくり実践報告」
  公益大生:佐藤裕輔、菊地あゆ美、西塔史哉
・「日向コミュニティ振興会から見る『地域支え合い防災マップづくり』の意義」
日向コミュニティ振興会事務局:工藤志保氏
・「防災・減災に向けた取り組みからの主体的な地域コミュニティづくり」
澤邉みさ子教授・小関久恵講師
・質疑応答

<飛島 担当教員:呉尚浩・伊藤眞知子・澤邉みさ子・小関久恵・岸本誠司
・「全国的な地区防災への取り組みの動向」
修士課程2年 三浦巧
・「飛島における地区防災計画づくりの取り組み その1<映像>」
  岸本誠司非常勤講師(とびしま漁村文化研究会代表)
・「飛島における地区防災計画づくりの取り組み その2<報告>」
  呉尚浩教授(とびしま未来協議会事務局長)
・「飛島における防災・減災の課題〜島民の視点から」
  とびしま総合センター長:佐藤環氏
・ 質疑応答

14:50~ 休憩

15:00~ 主体的な地域コミュニティづくりのためのワークショップ
(ワールドカフェ)
「地域づくりのために私たちができること」
 ファシリテーター:伊藤眞知子教授

16:00〜 まとめ(16:15終了予定)
IMG_20141111_113300
IMG_20141111_184257
写真は、本プロジェクト一環として昨年11月に、飛島(座談会)および公益大(講演会)で
開催された「飛島の地震・津波防災を考える〜日本海の大規模地震による津波推計の発表を受けて」
の様子

呉尚浩研究室・2014年度卒業論文発表会のお知らせ

今年もやります!「呉尚浩ゼミ・卒業論文2014年度報告会」
ぜひともお立ち寄りください!カフェ・タイムもあります。

テーマ:自然と人を結ぶ公益的な地域社会を目指して


<呉尚浩ゼミ
2014年度・卒業論文報告会・プログラム>
日時:2015314日(土)13:00から17:0012:30開場)
場所:さかた街なかキャンパス
998-0044 山形県酒田市中町1丁目8
0234-23-1911
案内図などはこちら http://www.sakata-cci.or.jp/tmo/machinaka/

12:45
開場 ※1300からビデオ上映
13
151320 ごあいさつ(呉尚浩)

<防災から公益を考える>

13
201345
 三浦巧(修士課程2年) 地域防災力向上による住民主体の地域づくり促進に関する研究~防災コミュニティが拓く新しい社会の可能性~

<海から公益を考える>

14
451400
 福島大地 飛島の漁業の未来を考える漁業資源管理の視点から

14
001415
 齋藤允貴 海岸漂着物対策の最前線山形・香川・神奈川における取り組みから

14
151420 質疑応答

<農と食から公益を考える
その1>
14:20
14:35
 渡邉みずき 鶴岡市の有機農業拡大のためにいま必要なこと志藤正一氏の取り組み事例から考える

14:35
14:50
 加藤岳大  地産地消と地域活性化山形県における地産地消のあり方を考える

14:50
15:05
 堀真惟子 農業と生態系保全生き物マーク米から考える

15:05
15:10 質疑応答

☆☆☆ 
15:1015:30 休憩(カフェタイム)☆☆☆

<農と食から公益を考える
その2>
15:30
から15:45
 高橋希美 農村における農業と生活の変遷山形県真室川町の農業に携わる人びと

15:45
16:00
 佐藤祐一郎 TPPと日本農業の未来変わりゆく農業の中で求められる農業の多面的機能の維持・向上

16:00
16:05 質疑応答

<環境・社会から公益を考える>

16
051620
 渡邉千尋 純国産エネルギーの地熱発電をどう活かすか海外の事例との比較、政策の視点から考える

16
201635
 清野恭生(ビデオ報告) 増加する空き家空き家率40%に備える

16
351650
 伊藤綾(ビデオ報告) 森林荒廃と森林環境税「やまがた緑環境税」の取り組みを中心に

16:50
16:55 質疑応答

16:55
17:00 まとめ・終了(呉尚浩)
IMG_20141204_182133-2

「第10回クロマツシンポジウムの」開催お知らせ

本年も、クロマツシンポジウムを開催します。
今回は記念すべき10周年記念として、呉が「庄内の海岸林を次世代につなぐ~これからの10年を考える~」をテーマに基調講演をさせていただきます。
ご関心の方は、ぜひともご参加いただければ幸いです。

10回クロマツシンポジウムのお知らせ
10周年を記念して、人形芝居、音楽といった文化的切口から庄内海岸林を見つめます。
日時:12月23日(火)13301630
場所:ひらたタウンセンター シアターOZ
内容:
 第1部 ステージ発表
  広野小学校児童による創作人形芝居「本間光丘物語」
  同小出羽人形芝居クラブ指導者 津盛柳弐郎による庄内出羽人形芝居(酒田市無形民俗文化財)
  日和山楽団コンサート「庄内の自然と暮らしを歌う」
 第2部 10周年記念シンポジウム
  「庄内の海岸林を次世代につなぐ~これからの10年を考える~」
  2001年の公益大開学時より庄内海岸林の保全活動に関わり「多様な主体の協働」を提唱してきた呉尚浩氏(東北公益文科大学教授)による講演及び座談会
file_14175686794
PDF
ダウンロードはこちら

「地域課題解決全国フォーラム in 庄内ー島特別セッション」のお知らせ

12月20日(土)に東北公益文科大学で「地域課題解決全国フォーラム in 庄内」行われますが、13:00から14:40の時間に「島特別セッション」を開催します(東北公益文科大学酒田キャンパス212教室)。
内容は下記の通りです。ご関心の方はぜひともご参加ください。

とびしま未来研究会(伊藤眞知子、澤邉みさ子、小関久恵、三浦巧(東北公益文科大学)、岸本誠司(とびしま漁村文化研究会)、間宮加代(とびしま未来協議会)、渡部陽子(合同会社とびしま)
「とびしま未来協議会の挑戦〜公益的な民の力による『離島振興計画づくり』とその実践」

合同会社とびしま(本間当、渡部陽子、松本友哉、小川ひかり、遠藤元一)
「地域に住み、学び、つくる〜『合同会社とびしま』の仕事づくり?

とびしま漁村文化研究会(岸本誠司、小川ひかり(合同会社とびしま/とびしま 漁村文化研究会))
「地域学としての「飛島学」ー物語・共感・行動のプロセスへ向けてー」

NPOパートナーシップオフィス(大谷明、金子博、間宮加代(特定非営利活動法 人パートナーシップオ フィス)、小川ひかり、 松本友哉(合同会社 とびしま))
「海洋ごみ問題に焦点をあてた<とびしまクリーンツーリズム>の実施報告」

広島商船高等専門学校(長谷川尚道、芝田浩)
「大学COC・離島高専の取り組み〜大崎上島・広島商船の試み」

「地域課題解決全国フォーラム in 庄内」についてはこちら
http://coc.koeki-u.ac.jp/archives/1595


報告の詳細はこちら
http://coc.koeki-u.ac.jp/wp-content/uploads/2014/11/H26年地域課題解決全国フォーラムin庄内-実践・研究報告会発表者一覧.pdf

PDF(ちらし)ダウンロードはこちら

H26地域課題解決全国フォーラムin庄内チラシH26地域課題解決全国フォーラムin庄内チラシ2141220-0001

sakata_hirakawa_chirashi141111

「公益教養プログラム・FORUM21—庄内浜・飛島の地震・津波防災を考える」講演会のお知らせ

2014年11月11日(火)に、東北公益文科大学にて、下記の通り「 FORUM21・公益教養プログラム〜 庄内浜・飛島の地震・津波防災を考える〜日本海の大規模地震による津波推計の発表を受けて」が開催されます。
ぜひとも、ご参加ください。


sakata_hirakawa_chirashi141031
sakata_hirakawa_chirashi141111

「島民座談会・飛島の地震・津波防災を考える」のお知らせ

2014年11月10日(月)に、飛島で下記の通り「島民座談会・飛島の地震・津波防災を考える〜日本海の大規模地震による津波推計の発表を受けて」が開催されます。
ぜひとも、ご参加ください。

tobishima_hirakawa_chirashi141110

PDFダウンロードはこちら
tobishima_hirakawa_chirashi141110

飛島で18年ぶりに防災計画見直し(河北新報)

とびしま未来研究会で取り組んでいる飛島(山形県酒田市)の防災計画づくりに関する記事が河北新報に掲載されました。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201409/20140920_51001.html

飛島で18年ぶりに防災計画見直し

 政府推計で地震発生から1分で津波が到達するとされた酒田市の飛島で、20年近く前に策定された防災計画の改訂作業が進んでいる。従来想定を超える厳しい予測と、加速する人口減と高齢化を受け、酒田市は住居移転の検討も視野に入れるが、当面は現実的な防災、避難計画の見直しが急務だ。島民は協力する東北公益文科大の専門家らと連携し、実効性の高い対策を模索している。
 「1分間で逃げられるのか。無理じゃないか」「そうは言っても、とにかく高台に逃げないと駄目だ」
 飛島の3地区で8月31日、東北公益文科大の呉尚浩教授(環境社会学)らのグループが主催し、住民座談会が開かれた。直前の26日に推計が公表されたこともあり、活発な意見が交わされた。
 住民からは「高齢者も逃げやすいよう避難路を造り替えてほしい」「本土から救援が来るまで安全に過ごせる避難施設が必要だ」といった要望も多く出た。
 政府推計では、酒田市の最大津波高は11.9メートルで従来の県予測を2.9メートル上回った。第1波到達時間は7分から1分に縮まった。
 津波からの避難などを定めた島の防災計画は1996年に策定されたが、その後全く改訂されず「島民の間でも忘れられつつあった存在」(酒田市)。情報伝達網や避難方法は古い内容のまま放置されていた。
 当時と比べ、島民は半分近い約230人にまで激減し、高齢化率は65%に達している。
 東日本大震災発生を受け、酒田市は昨年10月に新たな地域防災計画をまとめた。「本土」に1年近く遅れてことし7月、市が公益大に事業委託する形で、島民と大学共同の防災計画づくりがスタートした。
 公益大グループはこれまで、北海道南西沖地震で被災した奥尻島や、東日本大震災で被害を受けた石巻市の田代島、網地島を現地調査し、離島防災の研究を重ねてきた。呉教授は「飛島の伝承など経験知に研究成果を組み合わせ、実効性の高い島の防災を探りたい」と意欲を見せる。
 島民と公益大グループは今後も座談会を重ねて島の防災ニーズをまとめるほか、津波対策の専門家を島に招き勉強会も開く予定だ。来年3月をめどに新たな防災計画をまとめるという。
 島の津波対策について市は、島民移転の可能性も示唆しているが具体性はなく、避難体制の改善と充実が現実的な選択肢となる。
 飛島コミュニティ振興会の佐藤勝一会長は「島民の住居移転はほぼ不可能で、まずは避難路の整備などを市に要望して、しっかりした防災計画をつくりたい。計画見直しを通じて、島の生活そのものを良くしていく」と話している。
20140919026jc

(写真は、東北公益文科大の呉教授(手前)と飛島の防災上の課題について話し合う島民ら)

キズナでチャレンジ 2014「山形 離島・飛島で大学生の挑戦」の動画公開

キズナでチャレンジ 2014「山形 離島・飛島で大学生の挑戦」の動画公開

以前お知らせいたしましが、75日(土)・6日(日)に開催されました、公益社会演習(COCアクションプラン)の際の映像を中心に、公益大や卒業生の飛島での活動を2分間の映像が、7月10日(日)10:58~11:00にNHKBSプレミアム「キズナでチャレンジ」で放映されました。その番組がインターネットで公開されましたので、ぜひともご覧いただければ幸いです。

【どーがステーション】http://www3.nhk.or.jp/d-station/program/kizuna/
youtubehttp://www.youtube.com/user/NHKonline/videos
【ニコニコ動画】http://ch.nicovideo.jp/ch1/video

「ひとりひとりの力は小さくても、みんなでやれば何でもできる!」。山形県の離島、飛島を元気にしたいと、大学生が漁師たちと名産のトビウオの焼き干し作りに挑戦


IMG_20140706_110914IMG_20140706_110928IMG_20140706_110954

「第12回海ごみサミット 2014 山形・庄内会議 — 森・川・街・海が連携した海洋ごみ対策に向けて」開催のお知らせ

 724日(木)から26日(土)にかけて、「第12回海ごみサミット 2014 山形・庄内会議森・川・街・海が連携した海洋ごみ対策に向けて」が、飛島・鶴岡を会場として開催されます。
 同サミットは、2003年における飛島と酒田・東北公益文科大学での開催を第1回として、その後、海ごみに関する国内外の関係者が一堂に会し課題共有と政策提言をしていく場として、2009年の「海岸漂着物処理推進法」の制定にも大きな役割を果たしたNGO主導の会議です。
 どなたでも参加できますので、ご関心の方は、ぜひともお出でいただければ幸いです。2014umigomisummit_inf1406302014umigomisummit_inf140630B

NHK キズナでチャレンジ & 2014「山形 離島・飛島で大学生の挑戦」

720日(日) に、キズナでチャレンジ 2014「山形 離島・飛島で大学生の挑戦」放送されます。

NHKBS
プレミアム 103ch
7
20日(日) 10 : 58 11 : 00 A.M.

が放映されます。

「ひとりひとりの力は小さくても、みんなでやれば何でもできる!」。山形県の離島、飛島を元気にしたいと、大学生が漁師たちと名産のトビウオの焼き干し作りに挑戦

7
5日・6日に開催した、東北公益文科大学の飛島合宿(飛島の魅力発見・発信、防災計画づくり)を中心に、今までの飛島での大学生の活動と卒業生での島での地域づくりへの取り組みを、2分間にまとめた番組です。
ぜひともご覧ください!

IMG_20140706_110914IMG_20140706_110928IMG_20140706_110954

荘内日報に呉ゼミの卒業論文発表会の記事が掲載されました

2/19付けの荘内日報に呉ゼミの卒業論文発表会の記事が掲載されました
20140219syounainippo

呉尚浩研究室・2013年度卒業論文発表会のお知らせ


IMG_20140116_170639

<呉尚浩研究室・2013年度卒業論文発表会>

テーマ:公益社会の未来を考える

日時:2月15日(土) 13:30開場、14:00開始、17:00頃終了予定

場所:さかた街なかキャンパス
(中町1―8―5、酒田市中央公園脇、TEL:0234-23-1911)
☆案内図などはこちら 
http://www.doko.jp/search/shop/sc10381607
 
<卒業論文発表会・プログラム(発表20分、質疑応答5分)>

14:00~14:05
○ごあいさつ(呉尚浩)

14:05~14:30
阿部哲哉
 「TPP参加が日本に及ぼす影響
  ― そのメリット・デメリットを考える ―」

14:30~14:55
遠藤元一
 「植物工場による持続可能な農業をめざして
  ― 3.11からの農業復興の視点から考える ―」

14:55~15:20
川井奈津美
 「山形県庄内町におけるエネルギーの地産地消を考える
  ― 行政と住民の連携の視点から ―」

15:20~15:40 休憩・交流(お菓子、お飲み物をご用意いたします)

15:40~16:05
菊池政利
 「B級グルメによるまちおこしの可能性
  ー先進事例から山形のB級グルメを考える ー」

16:05~16:30
齋藤茜
 「着地型観光とこれからのまちづくり
  ― 山形における新たな観光スタイルの提案 ―」

16:30~16:55
羽田圭介(ビデオ報告)
 「生きものと共生する農業が地域づくりに与える影響
  ー 兵庫県豊岡市「コウノトリ」と新潟県佐渡市「トキ」
  を守る取り組みを事例に ー」

16:55~17:00 まとめ&閉会あいさつ

(一部ビデオ報告になる可能性もあるのでご了承ください。発表時間はだいたいの目安です。)
みなさまのご来場をお待ちしております。

日本CGNTV「信仰と人生」峯野龍弘牧師との対談番組

日本CGNTV「信仰と人生」(司会・峯野龍弘牧師)の番組(292篇、2013年12月6日、約50分)に出演しました。
動画は、インターネットで見ることができます。
動画リンク

140102-0001

第9回クロマツシンポジウム開催

2013年12月21日(土)に、下記の通りクロマツシンポジウムが開催されます。
ぜひとも、ご参加ください。

第9回クロマツシンポジウムちらし
PDFファイルはこちら
第9回クロマツシンポジウムちらし

公益大ウィーク2013開催!

2013年12月14日(土)に、下記の通り公益大ウィーク2013 in 酒田が開催されます。
ぜひとも、ご参加ください。

公益大ウィーク2013in酒田
PDFファイルはこちら
公益大ウィーク2013in酒田

ゼミ生の遠藤さんが飛島に移住します—「公益大生が来春から新たに飛島へ移住」(朝日新聞2013年11月27日記事)

呉尚浩ゼミのゼミ生の遠藤さんが来春から飛島に移住します。朝日新聞に紹介記事が掲載されました。「公益大生が来春から新たに飛島へ移住」(2013年11月27日記事)2【公益大】1127_朝日新聞_公益大生が来春から新たに飛島へ移住
PDFはこちら
朝日新聞131127_公益大生が来春から新たに飛島へ移住

FORUM21 おおくにあきこ氏「インド・白い壁のキセキ 〜 インドの小さな村の小学校を舞台にくりひろげられる小さなNPOのチャレンジ」開催

2013年12月3日(火)に、下記の通り、NPO法人「ウォールアートプロジェクト」理事長のおおくにあきこ氏をお招きして、FORUM21「インド・白い壁のキセキ」を開催いたします。ぜひとも、ご参加ください(地域共創と公益の講義の一環として開催します/担当:伊藤眞知子・呉尚浩)。
インド・白い壁のキセキ
PDFファイルはこちら

インド・白い壁のキセキ

平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」に採択されました。

おかげさまで、東北公益文科大学が、平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」に採択されました。全国で申請件数319件のうちで、52件が採択(山形県内では2件)。北海道、東北地区の私学では唯一の採択となります。
リンクはこちら

今後、アクションプロジェクトなどで、飛島をフィールドとした活動にも本事業で取り組んでいく予定です。ご支援ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。
概念図
東北公益文科大学・地(知)の拠点事業採択についての概要PDFはこちら
地(知)の拠点事業採択サマリー・東北公益文科大学
概念図

Cradle7月号に飛島の最近の様子が紹介されました

出羽庄内地域文化情報誌 Cradle7月号 に、飛島の最近の様子が紹介されました。

「未来をつくる、飛島の今」
Cradle201307A1
Cradle201307A2
PDFファイルはこちら
Cradle201307A

「とび魚だしプロジェクト」
Cradle201307B
PDFファイルはこちら
Cradle201307B

FORUM21 納戸義彦氏「観光客から感動客へ〜沖縄・伊是名島から、新しい地域づくりの風〜」

2013年6月13日(木)に、下記の通り、NPO法人「島の風」理事長の納戸義彦氏をお招きして、FORUM21「観光客から感動客へ〜沖縄・伊是名島から、新しい地域づくりの風〜」を開催いたします。NPO法人「島の風」は、今年度「地域再生大賞」(共同通信社、地方新聞46紙)を受賞しました。ぜひとも、ご参加ください(中山間・離島地域論の講義の一環として開催します/担当:呉尚浩・澤邉みさ子・小関久恵)。
FORUM21”納戸義彦130523版
PDFファイルはこちら
FORUM21”納戸義彦氏

飛島ロマン&しまかへ始動

呉尚浩ゼミ出身の渡部陽子さんが活動の中心の一人となっている「飛島ロマン」と、とびしま未来協議会事業の「CAFE SPACE しまかへ」が、各紙に紹介されました。ぜひご一読ください。

○山形新聞 「期間限定、飛島にカフェ登場 名称新たに『しまかへ』、4月27日から自力運営」 (3月31日)

○朝日新聞 「『飛島』発信 若者動く」 (4月6日)

○河北新報「離島に銀幕を 若者有志が映画館10月オープン 酒田・飛島」(4月7日)

○読売新聞「映画・資料館で飛島活性化」(4月4日)


Pasted Graphic
902184_351709081596766_144899986_o
http://www.facebook.com/shimacahe

2012年度呉尚浩ゼミ卒業論文発表会開催!

2012年度の卒業論文発表会が終了いたしました。
例年の2月上旬の休日から、今年は3月末の平日夜開催と大幅に日程を変更したために、報告者、学部生、卒業生、一般の参加者ともに、例年に比べて大幅に少なかったですが、少数でも大変有意義な会となりました。ご来場の皆様、心から御礼申し上げます。

IMG_130321_203422
IMG_130321_190337IMG_130321_193236
IMG_130321_202206IMG_130321_203533
IMG_2621

呉尚浩ゼミ卒論報告会2013のお知らせ

呉尚浩ゼミ卒業論文発表会のお知らせ 呉尚浩ゼミでは、2012年度の卒業生7名による卒業論文報告会を開催いたします。
ご関心の方は、ぜひともご参加いただければ幸いです。
 テーマ:自然と人を結ぶ公益的な地域社会を目指して
 場所:さかた街なかキャンパス(中町1―8―5、酒田市中央公園脇、TEL:0234-23-1911)
  3月21日(木) 18:00開場、18:30開始、21:00終了予定  案内図などはこちら 
http://www.doko.jp/search/shop/sc10381607

<卒業論文発表会・報告プログラム>

○ごあいさつ(呉尚浩)

○農業を考える
18:35~18:50 鈴木朝日「日本農業の視点から見るTPP ー 賛成派と反対派の双方の立場から考察する ー」

18:50~19:05 小野大地「地産地消と地域活性化 ー 山形県が目指すべき地産地消のあり方を考える ー」

19:05~19:15 質疑応答

○環境社会を考える
19:15~19:30 笹木郁哉「エコカーの現状と課題― ガソリン車との比較から ―」

19:30~19:45 黒木康平「進まないがれき処理―災害廃棄物処理の課題と今後の展望―」

19:45~19:55 質疑応答

○地域づくりと自然保全を考える
19:55~20:10 青木千紗「未来へ受け継ぐ海づくりを考える―佐藤勝一さんの半生からみる飛島漁業の戦後変遷史―」

20:10~20:25 石垣博也「山形県におけるサクラマス保全活動― 命あふれる川にするために ―」

20:25~20:40 佐藤由「木質バイオマスエネルギーの地域循環型利用を考えるー 山形県庄内地域における森林資源の活用を目指して ー」

20:40~20:50 質疑応答

20:50~21:00 まとめ&閉会のあいさつ




「大自然の中で神さまが触れてくださった」クリスチャン新聞・福音版に掲載されました

「大自然の中で神さまが触れてくださった」クリスチャン新聞に、紹介記事が掲載されました。

クリスチャン新聞・福音版(2013年2月1日号、通巻437号)
・「大自然の中で神さまが触れてくださった — 東北公益文科大学准教授・呉尚浩さん
」(ひとそのあしあと欄)

仕事と信仰
・飛島で海ゴミクリーンアップ作戦 — 呉 尚浩さん(東北公益文科大学准教授)(上)(クリスチャン新聞、2012年11月4日号)
・島民と共に汗流し支えたい — 東北公益文科大学准教授 呉 尚浩さん(下)(クリスチャン新聞、2012年11月11日号)

生活/海ごみ拾いで島の景観再生 飛島クリーンアップ作戦・レポート呉尚浩(執筆記事、クリスチャン新聞、2012年12月23/30日号)
hukuinban

とび魚だしプロジェクト・平成24年度「輝け若者大賞」を受賞!

 本学では2009年度よりJA山形農工連、山形県漁協と連携し「絶品とび魚だしめんつゆ(贅沢ストレート)」の商品開発と販路拡大の活動に取り組んでいます。
 この度、本とび魚だしプロジェクトの
、「眠れる地域資源にスポットをあてて存在感あるものに仕立て上げ、飛島島民を巻き込んでの活動で地域活性化に寄与している点」が評価され、平成24年度『輝けやまがた若者大賞』(※)を受賞しました。その表彰式が9月30日(日)16:30からホテルメトロポリタン山形にて開催され、プロジェクトを代表して長く活動に携わってきた4年で呉尚浩ゼミの石垣博也さん、4年の青木千紗さんが出席し、吉村美栄子山形県知事から賞状と副賞として県産米「つや姫」10kgが授与されました。
 吉村県知事からは、とび魚だしを愛用しているお話の後、「とび魚だしのストーリー性を全国に発信し、ぜひ飛島についても多くの方に知っていただけるようにしてもらいたい」とコメントもいただきました。

 これからも、本プロジェクトへの応援をよろしくお願いいたします。

※「輝けやまがた若者大賞」は、山形県の地域活性化に寄与する若者の優れた功績・成果及び地道な取組みなどを顕彰することにより、多くの若者を元気づけ、自信の創出を図り、もって様々な分野で若者が活躍できる風土づくりの推進に資することを目的としているものです。

Pasted Graphic 1
こちらをクリック

「海岸林との共生」出版

山形大学出版会より「海岸林との共生」が出版されました。呉が「海ごみ問題」についての節を執筆しています。
こちらをクリック
Pasted Graphic

鳥海山の水と暮らし−地域からのレポート

東北公益文科大学「メディアセンター通信」6月号に、秋道智彌編 ・ 東北出版企画『鳥海山の水と暮らし−地域からのレポート』の本紹介を掲載いたしました。呉が「森と人の新たなつながり−多様な主体の共創による庄内海岸の森づくり」の章を執筆しています。
こちらをクリック

ソトコト2010年3月号に記事が掲載されました!

ソトコトの3月号に、飛島ふぁんくらぶの記事が掲載されました。
アイランダー2010で出会った乾千乃さんによるインタビュー記事です。

アイランダー2009(2009年11月21日・22日池袋サンシャインシティ文化会館にて開催)で、全国に向けて発信した甲斐があります。

ぜひ全国の書店でお買い求めください。

http://www.sotokoto.net/sotokoto/




飛島ふぁんくらぶHPはこちら
http://homepage3.nifty.com/GOKEN-KOEKI-U/tobishimafanclub/index.html

高校生が発信する小国の魅力いっぱいマガジン ”Oguu" 第2号 完成!

呉が講師を務める小国高校の地域文化学の一環として、1年生6人が作成する”高校生が発信する小国の魅力いっぱいマガジン”「Oguu(オグー)」の第2号が完成しました。生徒の皆さん、担当の小関雄一先生、お疲れさまでした!



Oguu第2号はこちら
http://www.ygt-oguni-h.ed.jp/html/oguu09.html

山形新聞記事
小国町の魅力ぎゅっと 地元高校生がフリーペーパー作成(2010/01/02)

Oguu創刊号はこちら
http://www.ygt-oguni-h.ed.jp/html/oguu.html

山形新聞記事
小国高生徒がフリーペーパー発行 地元の魅力を多くの人に(2008/12/26)


昨年度と今年度のOguu作成チームと大学コンソーシアムやまがたのメンバー



山形学「観る光らす・若者の感性と方法」(2009年8月29日・山形市遊学館にて)での、小国高校生生徒による報告風景




☆小国文化学とは?(平成21年度地域文化学報告書「『地域文化学』研究報告書の発刊によせて」
齋藤裕司・山形県立小国高等学校長 より)



 本校は、小国町の教育の根幹である小中高一貫教育の最終学校段階を担っている 町内唯一の公立高校です。その一貫教育では、目標に「郷土の歴史や文化に学び、 自然環境との共生を図りながら町づくりに貢献できる『心豊かで創造性に富む人材』 を育成する」ことを掲げています。そのため、町の小学校・中学校・高校では、そ れぞれの校種に応じて、工夫を凝らした地域学習に取り組んでいます。
 この『地域文化学』は、本校における地域学習の名称で、第1学年で実施してい る「総合的な学習の時間」の呼び名です。小国町の小学校・中学校が取り組んでい る地域学習を「白い森学習」と呼んでいますが、その高校版が『地域文化学』にな ります。特に、高校段階においては、大学・短大の専門家の先生のご指導をいただ きながら、この小国町の自然、歴史、文化、産業などについて、より専門的な切り 口で、また幅広い視野から調査・研究を進めています。この研究報告書は、これらの 内容と生徒の提言・提案などを含めてまとめたものですが、これとは別に「町民報 告会」を開催して、一般町民の皆様を対象にした成果発表も行っています。
 生徒たちは、この『地域文化学』の多彩な学習活動を通して、多くの人々と出会 い、温かな交流を深め、あらたな町の良さを発見しながら、将来の生き方について 思いを巡らせる貴重な経験を積み重ねています。この学習は、生徒にとって、知識 だけでなく豊かな心を育むとともに、将来も課題意識を持って、地域社会の一員と して行動しようとする姿勢や態度を培う大切なものになっています。

オープンゼミ第一回目

恒例の2年生向けのオープンゼミが開催されました。
新入ゼミ生を募集するため、各グループの1年間の活動紹介に熱が入ります。
次回は、来週11月26日(木)18:00〜 です。
ぜひ来てね!






Another Gozemi Blog がリニューアル

今まで、Windowsで画像が表示されないなど、使い勝手の悪かった Another Gozemi Blog呉ゼミもう一つの ”遊び心” ブログです) ですが、このたび、URLも変更し、リニューアルしました。ぜひ、ご覧下さい。

新URL 
http://web.me.com/naogoo/gozemi/blog/blog.html


佐藤志穂さんからの飛島レポート

託児所で保育士として働く、佐藤志穂さんからの飛島レポートです。
レポートは
こちら

2008年度の新ゼミスタート!



恒例の出羽遊心館での新ゼミ自己紹介。
今年のゼミは、
3年生10人、4年生8人で、スタートします。
地域共創、教育、研究の3本柱のバランスのとれた活動が今年の目標です。

飛島小学校復活!!・呉ゼミ特派員レポート

飛島小学校復活!!です。
呉ゼミ特派員の
“しばた&はやし” レポートです。





呉ゼミ特派員レポートは
こちらをクリック!

各マスコミの報道は
こちら

飛島ふぁんくらぶHPは
こちら

全国の大学教授がキミを学問の世界へナビゲート!「ゆめナビ」に紹介されました

全国の大学教授がキミを学問の世界へナビゲート!「ゆめナビ」に紹介されました

テーマ1:
海ごみ問題を知っていますか?
テーマ2:
自然と人が共に創る「地域づくり」を考える

東北公益文科大学の他の先生の紹介は
こちら

12月5日「カブトエビ・シンポジウム」各紙に紹介されました

12月5日「カブトエビ・シンポジウム」が各紙に紹介されした。
読売新聞はこちら。

手間いらず カブトエビ農法 : 山形 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

12月5日「カブトエビ・シンポジウム」のお知らせ

いよいよ、第1回カブトエビシンポジウムが開催されます。
呉尚浩研究室からも、農と食グループの学生が中心に報告します。

ぜひ、ご参加下さい。

<ちらし その1>

ちらしダウンロードはこちら
カブトエビシンポ

<ちらし その2>


ちらしダウンロードはこちら
カブトエビチラシ

平成19年度 離島振興推進調査がダウンロードできます。

 昨年度に実施された平成19年度離島振興推進調査(飛島)が、県のホームページからダウンロードできるようになりました。

 山形県酒田市に属する本県唯一の離島・飛島。平成15年度に策定した山形県離島振興計画が4年経過したことから、平成19年度は今後飛島の振興にとって、特に重要と考えられる分野について、現状調査及び課題の分析を行いました。
  飛島の現状調査・課題分析については、島内の現状、観光振興、交流人口の拡大等の社会環境調査を東北公益文科大学(呉尚浩研究室、澤邉みさ子研究室、小関久恵研究室)、自然環境の保全・活用等の自然環境調査を山形大学農学部(林田光祐研究室)が、山形県から委託され実施いたしました。
 本報告書は、山形県の離島振興推進の基礎資料にすることにしております。また、皆様にとっては、飛島の未来や、新たな島づくり、離島における自然環境の保全と活用など、各分野において、お役立ていただければ幸いです。

ダウンロードはこちら

人生最高の瞬間を過ごすためのマガジン Go-PAL Vol.1 完成です!

人生最高の瞬間を過ごすためのマガジン Go-PAL Vol.1 完成です!

特集「島を、楽しむ。」

 特集1 飛島の風に吹かれて(飛島、山形県酒田市)

 特集2 小さな島に音楽祭がやってきた(粟島、新潟県粟島浦村)
 特集3 路地裏探検隊(答志島、三重県鳥羽市)
 特集4 ミーミンベー♪ミーミンベー(伊是名島、沖縄県伊是名村)

テーマ設定型紀行文 私が島に通う理由 。」

 小澤卓(全国離島振興協議会・財団法人日本離島センター)
 呉尚浩(東北公益文科大学准教授)
 金子博(NPO法人パートナーシップオフィス理事)
 飯野昭司(公務員、旅人)
 松井武史(東北公益文科大学 4年)
 高橋千沙子(農業、自由人)

こちらをクリック(高画質版 約10MB おすすめです)
Go-pal.vol1

こちらをクリック(低画質版 約2.5MB 写真画像がかなり粗いですがご了承下さい AcrobatもしくはAdobe Readerをご利用下さい)
Go-pal.vol1mini

「美しいやまがたの海プラットフォーム」ニューズレター創刊号完成!

 本年7月31日に発足した「美しいやまがたの海プラットフォーム」のニューズレター創刊号が完成いたしました。
 山形県庄内総合支庁環境課、NPO法人パートナーシップオフィス、東北公益文科大学・呉尚浩研究室の三者が協働事務局を務めます。
 海ごみ問題をはじめとする庄内海岸の環境改善に関心を持つ団体・個人が集い、活動の輪を拡げることを目的としてしています。
 加入メンバー大募集中です!

→ PDFはこちら(2.3MB)

とびしまふぁんくらぶ・ホームページ開設

 待望の「とびしまふぁんくらぶ・ホームページ」を開設しました。
 かなり気合いが入っています。

 まずは、しまの家2008で過ごした2週間のとびしま体験を中心に、最新の飛島情報をお伝えします。
飛島関連の情報もリンクいたしました。

 なかでも、"飛島ふぁんくらぶ" ならではの飛島の過ごし方を「しま時間〜飛島の歩き方」コーナーで、提案していきたいと思っています。

 乞うご期待!


とびしま「しまの家2008」開設

とびしま「しまの家2008」を開設しました。

<「し ま の 家 2 0 0 8 」 OPEN!!>

あなたの好きな、「しま時間」を過ごしてみませんか?

8月2日(土)~12日(火) 10:00~16:00
 ※6日(水)のみ、8:00~10:30

○しまめぐり情報窓口
 ※しまガイド・ツアーをご希望の方は、ご相談ください
○しまギャラリー
○しまサロン   etc...
とびしまマリンプラザ 3階

当事業は、飛島観光協議会、酒田市、山形県庄内総合支庁の協力を得て実施しています
主催 東北公益文科大学 飛島ふぁんくらぶ  「しまの家」連絡先:080-6025-3840

○「しまの家」の最新情報はこちら!
 http://kankolog.jp/cgi/u/tobishima/

○ちらしはこちらから(PDFファイル)
http://homepage.mac.com/naogoo/filechute/shimanoie.pdf

とびしまレポーター始動・ブログ立ち上げ



とびしまレポーターブログを立ち上げました。
山形県観光ログ「かんころ」内にあります。
夏場を中心に、飛島に滞在する学生たちが「とびしまレポーター」となって、飛島の旬な魅力をお届けします!

 http://kankolog.jp/cgi/u/tobishima/

2008年度の新ゼミスタート!



新ゼミ生を迎えての今年度はじめてのゼミです。
場所は、大学すぐそばにある生涯学習施設
「出羽遊心館」で行いました。

今年は、学生からの発案で、自然農法で麦を育て、パンづくりにも挑みます。
また、今年はヨーロッパカブトエビが酒田で発見されてから60周年記念の年。
大学隣のカブトエビ生息地での”いきものにぎわい米”の取組みも地域に広めていきたいと思っています。
そして、小学校と連携しての森・川・海のつながりの学習も新たに企画していますので、乞うご期待。

とりあえずは、5月末の
環境自治体会議・ゆざ会議と、飛島クリーンアップ作戦の成功に向けて力を注ぎたいと思います。

研究室は、博士課程1名、修士課程1名、学部3・4年生30人ほど。
ますます楽しいゼミになりそうです。

大学院にようこそ

今日、学部と大学院の入学式が挙行されました。
今年度から、呉研究室では、大学院博士課程と修士課程に一人づつメンバーを迎えます。
いっそう充実した研究・教育・実践の活動体制を整えていきたいと思っています。




またお会いしましょう!2007年度卒業式

開学以来4回目の卒業式。
さまざまな想いを胸に、母校を飛び立ちます
...



ゼミ生の佐藤悠君が、卒業にあたり「和太鼓部・W-indの会」などでの活躍を理由に理事長賞を受賞しました。



ゼミ生集合です。




夜からは、羽黒・創造の森にて、卒業生を送る合宿が夜を徹して行われます。
新3年生も、初顔合わせ。




ゼミで作った呉ゼミ米のこだわりのカレー。
お水は、遊佐町の牛渡川から。
庄内産の食材を60%使っています。




OBOGと新4年生が卒業生にメッセージビデオをプレゼント。
何と収録3時間分を50分にまとめました。
今までお世話になった、先輩、後輩、教職員、地域の方々からの心温まるメッセージです。
直前まで、苦労して作っていたんですよ。




後輩から卒業生に一人ひとりプレゼント



卒業生からは、後輩にマイ箸をプレゼント。
新潟の雑貨屋さんで働くOGのお店で買いました。




OB・OGから卒業生へのプレゼント。
1期生からは、博士課程に進学する同級生にお花を...



社会人になると、つらい時もあるさ。
3期生からは、心をリフレッシュするための特別セレクトCDを。



4年生のゼミ代表決定。3代のゼミ代表が心を合わせます。



沖縄合宿を想いだして踊りだします。



第1期生から6期生まで「にこっ」!



夜明け間近です。



クロマツシンポジウムのお知らせ—庄内海岸の松原再生を考える

来る、2月23日(土)に、クロマツシンポジウムが開催されます。

開催要項


日 時
平成20年2月23日(土) 13:00~16:00
場 所
酒田市総合文化センター 大ホール  アクセス
参加費
無料
主 催
庄内海岸松原再生計画策定委員会・(財)日本緑化センター
主 管
特定非営利活動法人 庄内海岸のクロマツ林をたたえる会
協 力
出羽庄内公益の森づくりを考える会
後 援
庄内森林管理署・朝日庄内森林環境保全ふれあいセンター・国土交通省酒田河川国道事務所・国土交通省酒田港湾事務所・山形県庄内総合支庁・鶴岡市・酒田市・遊佐町・山形大学農学部・東北公益文科大学・やまがた公益の森づくり支援センター
 
プログラム


第1部
「映像で綴る植林の歴史」
庄内砂丘砂防林物語平成編・韓国MBC放送抜粋編
 
第2部
「活動報告」 酒田市立浜中小学校・鶴岡市立西郷小学校
 
第3部
「松原再生計画経過及びアンケート結果報告」
 
第4部
「パネルディスカッション」
テーマ: 庄内海岸松原再生-その10年の軌跡と明日への課題-
 
コーディネーター:
中島勇喜(山形大学副学長)
パネラー:
瀧 邦夫(財団法人日本緑化センター企画広報室長)
 
呉 尚浩(東北公益文科大学准教授)
 
梅津勘一(樹木医・松保護士)
 
砂山 弘(庄内海岸のクロマツ林をたたえる会理事長)
 
フィナーレ 「大会宣言」「松林のうた」作:遊佐町立西遊佐小学校

詳しくは、こちら

みんな来てね!—今年も卒業論文報告会をします

以下の情報は、2008年1月22日時点のものです。
プログラムの詳細に変更があり次第、このHPでお知らせいたしますので、ご了承ください。



 例年通り、2月10日(日)に、下記の通り、呉研究室の「卒業論文発表会」を開催することになりました。
 本年は、20人の学部生に加え、大学院修士1名の卒業生も報告いたしますので、ぜひともご参加いただければ幸いです。

卒業論文発表会<参加無料>
 テーマ:公益社会の未来を考える 〜 地域から世界へ
 場所:
さかた街なかキャンパス(中町1-8-5、酒田市中央公園脇、TEL: 0234-23-1911)
 9:30開場、10:00開始、17:45終了予定(12:30~13:15休憩)

<報告プログラム(一人:報告10分、質疑応答5分、総合討論10分~15分)>

◎ 開会のあいさつ(10:00~10:05、呉尚浩)

◎ 世界の環境・紛争・貧困問題を考える(10:05~11:35)
1. 大場広喜 新たな森林資源としてのアオダモ ~ 期待される地球温暖化防止の役割 ~

2. 佐藤悠 使い捨て日本 ~「もったいない」の心を見直しませんか ~

3. 吉成賢吾 核燃料施設をめぐる問題から私たちが学ぶこと ― 公益的な視点から考える安全と経済  ―

4. 上野千尋 ユーゴスラビア紛争とサッカー ~ 幻の優勝候補「プラーヴィ」の終焉 ~

5. 工藤絵理子 貧困のない世界をめざして ~グラミン銀行におけるマイクロクレジットの試みを中心に~

◎ 森・川・海の未来を考える(11:35~12:30)

6. 工藤優介 外来魚問題と生物多様性 ~ 河川・湖沼の原風景の再生を求めて ~

7. 海藤新吾 釣り具と釣法の進化と課題 ― 庄内の釣り場を巡って ―

8. 清野建 森林環境税を考える ~「やまがた緑環境税」を中心に ~

☆ 昼食休憩(12:30~13:15)

◎ 農と地域の未来を考える(13:15~14:30)
9. 阿部貴久 農家・夢を語る ― 庄内における農業の変遷と未来 ―

10. 鈴木郁恵 庄内米の歴史と現在 ― 稲づくりを支える技と心 ―

11. 柴田直樹 日本酒がつなぐ地域と人 ~ その公益性を考える ~

12. 渡辺純也 ワインで創る人と町 ~ 知って楽しむ・ひろがる公益 ~

◎ 地域・ボランティア・働くことの未来を考える(14:30~16:00)
13. 渡部みぎわ 働く、ということ ― 女性がきらきら輝くために ―

14. 柿崎陽平 軽トラックのちから ~ 地域を支えるその魅力を考える ~

15. 斎藤会里 活力ある地域をめざして ― 山形県村山市・市民のまちづくりへの熱い思い ―

16. 種澤真信 学生まちづくりの可能性をさぐる ~ つながる大学と地域 ~

17. 木村玄太 学生ボランティアのあり方を考える ―  4年間の活動・地域との関わりから得た学び  ―

☆ 休憩(16:00~16 :10)

◎子どもの未来を考える(16:10から17:05)
18. 小野直人 「響育」としての道徳教育をめざして ~「心のノート」から考える ~

19. 加藤友祐 子どもを育てる「まち」へ ― 総合学習でつながる地域と学校 ―

20. 柴田大輔 子どもたちと島がつながるとき ― 体験学習のフィールドとしての飛島  ―

◎ 大学院生の発表(17:05~17:30、報告15分、質疑応答10分)
21. 林久美子 離島における内発的地域づくり ―山形県酒田市飛島の事例を中心に ―

17:30 閉会のことば(呉尚浩)
(17:45終了予定)

※都合により、発表順、発表時間、終了時刻は変更になることがあります。

2006年度報告会の様子


卒業記念交流会の様子です

卒論提出!



今年も、卒論を提出です。
ちょっと疲れ気味かな。
2月10日(日)さかた街なかキャンパスでで、例年通り卒業論文報告会を開催する予定です。
みんな来てね!

 阿部貴久  農家・夢を語る — 庄内における農業の変遷と未来 —

 上野千尋  ユーゴスラビア紛争とサッカー
        ~ 幻の優勝候補「プラーヴィ」の終焉 ~

 大場広喜  新たな森林資源としてのアオダモ
        〜 期待される地球温暖化防止の役割 〜

 小野直  「響育」としての道徳教育をめざして
        〜「心のノート」から考える 〜

 柿崎陽平  軽トラックのちから 〜 地域を支えるその魅力を考える 〜

 海藤新吾  釣り具と釣法の進化と課題 — 庄内の釣り場を巡って —

 加藤友祐  子どもを育てる「まち」へ — 総合学習でつながる地域と学校 —

 木村玄太  学生ボランティアのあり方を考える
        — 4年間の活動・地域との関わりから得た学び —

 工藤絵理子 貧困のない世界をめざして
        〜グラミン銀行におけるマイクロクレジットの試みを中心に〜

 工藤優介  外来魚問題と生物多様性
        〜 河川・湖沼の原風景の再生を求めて 〜

 斎藤会里  活力ある地域をめざして
        — 山形県村山市・市民のまちづくりへの熱い思い —

 佐藤悠   使い捨て日本 〜 「もったいない」の心を見直しませんか 〜

 柴田大輔  子どもたちと島がつながるとき
        — 体験学習のフィールドとしての飛島 —

 柴田直樹  日本酒がつなぐ地域と人 〜 その公益性を考える 〜

 鈴木郁恵  庄内米の歴史と現在 — 稲づくりを支える技と心 —

 清野建   森林環境税を考える 〜「やまがた緑環境税」を中心に 〜

 種澤真信  学生まちづくりの可能性をさぐる ~ つながる大学と地域 ~

 吉成賢吾  核燃料施設をめぐる問題から私たちが学ぶこと
        — 公益的な視点から考える安全と経済 —

 渡辺純也  ワインで創る人と町 〜 知って楽しむ・ひろがる公益 〜

 渡部みぎわ 働く、ということ — 女性がきらきら輝くために —

Merry Christmas!

Merry Christmas!

NOSAI新聞に掲載されました

11月8日に行なった、脱穀調整作業が、農業共済新聞山形版に掲載されました。
リンクはこちら
「生き物と共に生きる、農業を体感—東北公益文科大学の学生らがコメの調整作業に汗流す」

祝・呉ゼミ日記2007再開!!

しばらく、呉尚浩研究室活動日誌を休止しておりましたが、2007年秋より「呉ゼミ日記」として再開します。
一部過去の記事に遡って、アップしておりますので、ぜひぜひお楽しみください!!
これからも、よろしくお願い申しあげます。

東北公益文科大学・呉研究室一同

過去のサイトはこちら
http://homepage.mac.com/naogoo/blogwavestudio/

「飯森山地区・砂防林を育てよう」にボランティアリーダーとして参加

11月10日(土)の飯森山地区砂防林を育てようのイベントに、呉ゼミから森グループのメンバーが8人ほどボランティアリーダーとして参加しました。

真っ赤なリーダーチョッキで、お世話になった方と記念撮影


作業後の鎌の手入れにも余念はありません


緑の少年団の子どもたちとも仲良しに

脱穀・調整です

稲の脱穀調整が終りました。
今年は、庄内農業共済組合の方のご厚意で、施設をお貸しいただきました。
公益大の卒業生も二人働いています。
カブトエビ水田でお世話になっている今井さんと飛島でいつもご一緒しているごどいも隊の富樫さんのご指導を受けました。

稲刈り

ようやく、今年の稲刈りが終りました。
鶴岡市藤島の志藤正一さんご夫妻も応援に来ていただきました!